本文へ移動

学校教育改革運動

Education

わかる授業 楽しい学校

327:付けたい力を明確にした国語の授業づくりを

  国語の授業づくりでは「何をどう教えるのかよく分からない。」という声を聞きます。「わかる」「楽しい」授業のためには、「何をどう教えるか」が大切です。
  国語も他教科と同様にねらいがあります。単元で付けたい力を明確にし、その力を付けるのに適した言語活動を設定することで、児童は活動を通して力を付けていきます。
  物語の単元で、中心人物の心情の変化と優れた表現をつかむことをねらいとし、それらを項目としたリーフレットを作る言語活動を設定しました。まず担任が既習の物語文で作成した見本のリーフレットを提示します。児童は見本を分析して書き方をつかむと、教材を繰り返し読み、心情の変化や情景描写を探して読むことができました。最初は不安だった児童も、「書き方が分かったら簡単だ。」「楽しい。」と、熱心に取り組みました。
  付けたい力により本の帯や解説書、音読劇など様々な言語活動が考えられます。活動に合わせた見本を作ることは教材研究になります。児童は見本から単元のゴールをイメージし、相手と目的をはっきりさせて学習を進められます。
  いずれも付けたい力を明確にし、相応しい言語活動を設定して授業をつくることが大切だと考えます。

326:楽しく遊びながら、ことばの習熟をはかる授業の工夫~かるた作りを通して~

  私が常に心がけていることは、児童にとって楽しく、わかりやすい授業づくりをすることです。そのために、大切にしていることは、次の三点です。
  ①児童の実態をきちんと把握すること。
  ②どのような力を付けさせたいのかを明確にすること。
  ③どのような学習活動が効果的なのかを考えること。 これらをもとにして、授業を組み立てていきます。
  今年度は、小学校一年生を対象に、平仮名かるた作りを行いました。必ず一人一枚は読み札と絵札を作りました。クラス全員で完成したかるたの枚数は、八十枚でした。かるた作りを通してだけでなく、出来上がったかるたを活用し、全員で楽しく遊びながら平仮名の習熟を図っています。最近では、休み時間に児童だけで、かるた遊びをしている姿も見られます。平仮名を読んだり、書いたりすることが苦手だった児童が、遊びを通し、繰り返し行うなかで、自然と平仮名の習熟を身に付けることが出来るようになってきました。 今後もさらに、より良い学習材の開発や単元づくりに努めていきたいと思います。

325:美術でのわかる授業をめざして

  美術科では表現および鑑賞活動を通して、正解のない「自分の考え・思い・感じたこと」などといった、自分の中にある答えを求めていくという特性があります。 どの生徒にも自信をもって取り組めるように、生徒一人一人の思いや考えを尊重し、自己実現できるようにと以下の5つの手立てや工夫を実践してきました。 一つ目は、生徒一人一人の思いや考えに合わせた支援や声かけを行うことを心がけています。 二つ目は、美術では「正解」はなく、自分の中に答えが存在するということを繰り返し伝えています。 三つ目は友人との関わりを多く持つようにし、新しい視点や考え方、価値観に気づかせるとともに、お互いに成長するようにしています。 四つ目は、授業の組み立てやワークシートの工夫により、小さいステップを踏ませながら考えるプロセスを教え、自分で思考する力を育てるようにしています。 五つ目は、考えるきっかけとして「オノマトペ」を活用させています。 そして、一番に大事にしていることは生徒一人一人の考えや思いを大事にし、認めることだと考えています。すべての生徒が「感じる力」「表現する力」を培うことを目指して。 

324:よりよい進路指導をめざして

  新規採用職員の増加に伴い、職場環境はますます若返り、活発な空気があります。一方で、指導の力量不足やノウハウの引き継ぎなど、組織全体として指導力の維持が課題となっています。今年度本分会では若手とベテラン教員との積極的な交流をとおして、とりくみの共通理解を図り、一丸となって指導にあたる体制づくりを目指しています。 進路指導が初めてという三学年担任は、毎年三~四割を占めます(二〇一三年度以降)。そこで、年間計画をもとに進路指導の流れや、生徒や保護者との関わり方など共通理解を図りました。また、進路保護者会資料の読み合わせや、夏の三者面談の進め方について、話し合う内容を共通理解しました。言う・言わないといった職員間の差をなくし、担任個々の見解でバラバラに進む話し合いではなく、同一歩調で指導する体制づくりが課題です。今後は、とりまとめや点検作業時に若手とベテランを組み合わせ、着眼点や注意点などを引き継ぐ工夫をしていきます。 今後は五~十年目となる層が学校現場の中堅所を担うことになるでしょう。個々の指導力向上のみならず、分会が一枚岩となって立ち向かう時代に向けて、より一層の体制づくりを心がけたいです。 

323:自分の考えを持てるようにするために

  「線分図で考えると大きさがわかりやすいです。」「関係図に表すと式が立てやすくなります。」
  これらは、児童にとって難しい学習である「割合」の単元での児童の発言です。立式する場面で、児童は「定員の70%」や「定員の1.6倍」といった「基準量の何倍」に着目し、関係図に表しました。そして、関係図から立式へとつなげることが少しずつできるようになりました。しかし、自力解決や比較検討の場面での支援が必要な児童はいます。そこで、ヒントコーナーを設置したり、ペアでの学習の場を設定したりして、全員が自分なりの考えをノートへ記述できたかを確認してから全体での比較検討を行うようにしました。 じっくりと考える時間を保証したり、つまずいている児童の様子を見て支援をしたりすることは算数の学習に限らず大切だと考えます。今後も児童が安心して学習に臨むことができる環境を整え、既習事項の積み上げを丁寧に行いたいと考えます。 

私たちの学校改革 ~一分会一テーマのとりくみ~

124:互いに支え合い、何でも相談できる職場

本分会は、分会員数九人 、全学年が単学級の小規模校です。そのため、一人ひとりの校務分掌が多く、職場の多忙は、避けられない状況です。そこで本年度は、以下のようなとりくみを実践しています。
①部活動停止期間の導入による業務時間の確保
  本分会では、各種部活動を全職員の指導により実施していますが、教職員の退勤時刻にも、大きく 影響を与えています。そこで、木曜日をノー部活デー
とすることに加え、梅雨の時期と重なる六月に、新たに一週間の部活動停止期間を設定しました。これにより、教材研究や環境整備の時間が勤務時間内
に確保され、時間外勤務や持ち帰り仕事を削減することができました。
②モラールアップ委員会と連携した職員交流の実践
  小規模校で教職員数も少ない本分会は、日頃から分会員同士のコミュニケーションが取りやすい環境にあります。しかし、「管理職との交流」の点では 、
さらなる機会が必要であると考えました。そこで、モラールアップ委員会が中心となり、昨年度まで行っていた内容に加え、新たに「校長杯のど自慢大会」や
「校長と若手教職員による食事会」を開催しました。職場を離れ、リラックスした雰囲気の中で交流することにより、分会員だけでなく、管理職との親交を深 めることができました。
本分会が「互いに支え合い、何でも相談できる職場」となるよう、今後もこのようなとりくみを継続していきたいと思います。

123:いつもキラキラ笑顔の職場づくり

  我々がやるべき仕事は山のようにあります。机に向かって仕事をしている職員の眉間には、いつも、しわがよっています。 そこで勝山小分会では、楽しく温かな雰囲気の職場を作りたいと考えました。そして、職員の誰もが「子ども大好き、同僚大好き」と思えるような職場にするため、職員一同、様々なとりくみをしてきました。
〔これまでの実践〕 二〇一三年度
   四月 職員歓迎会、職場会
   五月 運動会反省会
   六月 職場会、分会訪問
   七月 昼食会、慰労会
   八月 野球観戦 教材備品整理(統合にむけて) 鋸南地区町研・レク
   九月 昼食会、教研のための職場会
   十月 新管理棟への引っ越し作業
   十一月新婚さん一組誕生
   一月 職場会、昼食会
   二月 職員旅行、閉校式
   三月 昼食会、職員送別会
〔成果と課題〕
   二〇一三年度は、勝山小閉校、そして保田小との合併にむけて準備を進めてきました。日々の教育活動をしながら、様々な作業を同時に行うことは、我々職員にとって、負担にもなりましたが、そんな時にも、職員間で声をかけ合い、支え合いながら何とか乗り越えることができました。二〇一四年度は統合し、新生鋸南小一年目の年です。新たなスタッフで、今まで以上にフレッシュな職場づくりをめざしていきます。

122:今年もみんなで多忙解消!

  香取中学校は千葉県北東部にある、創立十一年目の新しい学校です。「青く広い利根川」、「緑の山々と水田」など、自然の恵みをたっぷりと受けながら、職員二十二名と生徒百四十名がのびのびと生活しています。 香取中分会の今年のテーマは、昨年に引き続き「みんなでとりくむ多忙解消」です。
  「多忙感がある」という言葉を耳にしますが、教職員が疲れた表情で教壇に立っても、子どもたちに笑顔は生まれてこないように思います。そこで香取中分会では、物心の両面で「多忙解消」に努め、早く退勤できるよう心がけています。
  『物』の面からは、共有パソコンのフォルダを整理するようにしています。仕事の引き継ぎが簡単で、文書の手直しが短時間で済みます。また、会議や研修では、提案者が議論の重点を予め明確にしておくため、議事がスムーズに進行します。
  『心』の面からは、進んで他の教職員の仕事を引き受けることです。「やろうか?」と一声かけ合っています。「もうやっておいたから」という言葉も当たり前になってきました。少しの心がけでみんなの仕事が早く終わり、教職員の心の交流にもつながっています。
  また、職員室の明るい雰囲気は生徒の学校生活にも伝わり、私たちの退勤時間や多忙解消にも少なからず影響を与えているように思います。
  今年度も子どもたちや私たちの笑顔のために、みんなで多忙解消にむけて努力していきたいと思います。 

121:身近な平和から世界の平和へ~発達段階に応じた平和教育と教職員の意識向上~

  本校は、明るく素直な子どもが多い一方、場面によっては、他者を思いやる気持ちに欠ける言動が見られることもありました。また、近年は教職員の若年化が急速に進んでおり、戦争はもとより、平和教育について、話を聞いたり、考えたりする機会が十分にあるとは言えない状況でした。
  そこで、昨年度から平和教育を本校の研究テーマとし、子ども・教職員双方からとりくみを行ってきました。
子どもに対しては、まず1年目に全学年で「平和ってどんなこと」(浜田桂子・童話社)の読み聞かせを行い、平和に対する子どもの実態を把握しました。また地域の戦争体験者(ピーススタッフ)を派遣していただき、高学年に対して講話をいただきました。それらを受け、二年目となる今年度は、各学年の実態に応じて、絵本を選定して読み聞かせを行うとともに、各学級の状況に応じた平和教育をすすめてきました。
  このような実践を通じて、子どもの多くは、自分たちの生活や人間関係についてじっくりと考え、少しずつ他者理解が深まってきました。
  教職員については、支部青年部主催の平和に関する学習会に参加するとともに、分会内でも平和教育に関する研修会を行ってきました。学習会等を通じて、平和教育に対する理解をより一層深めることができました。 しかし、一方で読み聞かせ以外の有効な手立てを取り入れていくために、学習会で学んだことの活用方法に課題が残りました。
  今後も、継続的な平和教育へのとりくみを通じて、教職員の授業力の向上を図り、ひいては他者を思いやることのできる子どもの育成に努めていきたいと思います。 

120:共通の話題をとおして、職員間の親睦を深める

  小倉台小は印西市の千葉ニュータウン地区にあり,創立23年の比較的新しい学校です。児童数は周辺地域の宅地開発にともない,一度は減少した児童数が再び増加し624人,22学級の学校です。
  各種のアンケートや実態調査等から教職員は多忙を感じています。勤務時間ギリギリまで子どもたちと接し,勤務時間後に事務処理を行うなど,長時間労働をしなければならないというのが実情です。このような状況においては,より積極的に職員間のコミュニケーションを図り,職員間の風通しを良くしていかなければならないと考えます。
  そこで,今年度は昨年度に引き続き,「身近な食べ物屋さん」という題の分会通信を月1~2回のペースで発行しました。普段あまり話ができない人とも共通の話ができれば,職員間のコミュニケーションにつながると考えたからです。職員間で「このお店どう?」とか「いつも見ていて,出たお店に行くようにしている。」「発行を楽しみにしていて,これをきっかけに話をすることができた。」などの話が聞かれました。この分会通信をとおしてコミュニケーションをとることができていると思います。ただ,多忙を極める毎日なので,負担にならないような工夫を考え,長期休業などを利用して親睦を深めていけると良いと考えます。 
会員専用ログイン
千葉県教職員組合
〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館新館8階
TEL.043-224-0484
FAX.043-225-2970
0
3
9
7
2
4
TOPへ戻る