本文へ移動

学校教育改革運動

Education

わかる授業 楽しい学校

327:付けたい力を明確にした国語の授業づくりを

  国語の授業づくりでは「何をどう教えるのかよく分からない。」という声を聞きます。「わかる」「楽しい」授業のためには、「何をどう教えるか」が大切です。
  国語も他教科と同様にねらいがあります。単元で付けたい力を明確にし、その力を付けるのに適した言語活動を設定することで、児童は活動を通して力を付けていきます。
  物語の単元で、中心人物の心情の変化と優れた表現をつかむことをねらいとし、それらを項目としたリーフレットを作る言語活動を設定しました。まず担任が既習の物語文で作成した見本のリーフレットを提示します。児童は見本を分析して書き方をつかむと、教材を繰り返し読み、心情の変化や情景描写を探して読むことができました。最初は不安だった児童も、「書き方が分かったら簡単だ。」「楽しい。」と、熱心に取り組みました。
  付けたい力により本の帯や解説書、音読劇など様々な言語活動が考えられます。活動に合わせた見本を作ることは教材研究になります。児童は見本から単元のゴールをイメージし、相手と目的をはっきりさせて学習を進められます。
  いずれも付けたい力を明確にし、相応しい言語活動を設定して授業をつくることが大切だと考えます。

326:楽しく遊びながら、ことばの習熟をはかる授業の工夫~かるた作りを通して~

  私が常に心がけていることは、児童にとって楽しく、わかりやすい授業づくりをすることです。そのために、大切にしていることは、次の三点です。
  ①児童の実態をきちんと把握すること。
  ②どのような力を付けさせたいのかを明確にすること。
  ③どのような学習活動が効果的なのかを考えること。 これらをもとにして、授業を組み立てていきます。
  今年度は、小学校一年生を対象に、平仮名かるた作りを行いました。必ず一人一枚は読み札と絵札を作りました。クラス全員で完成したかるたの枚数は、八十枚でした。かるた作りを通してだけでなく、出来上がったかるたを活用し、全員で楽しく遊びながら平仮名の習熟を図っています。最近では、休み時間に児童だけで、かるた遊びをしている姿も見られます。平仮名を読んだり、書いたりすることが苦手だった児童が、遊びを通し、繰り返し行うなかで、自然と平仮名の習熟を身に付けることが出来るようになってきました。 今後もさらに、より良い学習材の開発や単元づくりに努めていきたいと思います。

325:美術でのわかる授業をめざして

  美術科では表現および鑑賞活動を通して、正解のない「自分の考え・思い・感じたこと」などといった、自分の中にある答えを求めていくという特性があります。 どの生徒にも自信をもって取り組めるように、生徒一人一人の思いや考えを尊重し、自己実現できるようにと以下の5つの手立てや工夫を実践してきました。 一つ目は、生徒一人一人の思いや考えに合わせた支援や声かけを行うことを心がけています。 二つ目は、美術では「正解」はなく、自分の中に答えが存在するということを繰り返し伝えています。 三つ目は友人との関わりを多く持つようにし、新しい視点や考え方、価値観に気づかせるとともに、お互いに成長するようにしています。 四つ目は、授業の組み立てやワークシートの工夫により、小さいステップを踏ませながら考えるプロセスを教え、自分で思考する力を育てるようにしています。 五つ目は、考えるきっかけとして「オノマトペ」を活用させています。 そして、一番に大事にしていることは生徒一人一人の考えや思いを大事にし、認めることだと考えています。すべての生徒が「感じる力」「表現する力」を培うことを目指して。 

324:よりよい進路指導をめざして

  新規採用職員の増加に伴い、職場環境はますます若返り、活発な空気があります。一方で、指導の力量不足やノウハウの引き継ぎなど、組織全体として指導力の維持が課題となっています。今年度本分会では若手とベテラン教員との積極的な交流をとおして、とりくみの共通理解を図り、一丸となって指導にあたる体制づくりを目指しています。 進路指導が初めてという三学年担任は、毎年三~四割を占めます(二〇一三年度以降)。そこで、年間計画をもとに進路指導の流れや、生徒や保護者との関わり方など共通理解を図りました。また、進路保護者会資料の読み合わせや、夏の三者面談の進め方について、話し合う内容を共通理解しました。言う・言わないといった職員間の差をなくし、担任個々の見解でバラバラに進む話し合いではなく、同一歩調で指導する体制づくりが課題です。今後は、とりまとめや点検作業時に若手とベテランを組み合わせ、着眼点や注意点などを引き継ぐ工夫をしていきます。 今後は五~十年目となる層が学校現場の中堅所を担うことになるでしょう。個々の指導力向上のみならず、分会が一枚岩となって立ち向かう時代に向けて、より一層の体制づくりを心がけたいです。 

323:自分の考えを持てるようにするために

  「線分図で考えると大きさがわかりやすいです。」「関係図に表すと式が立てやすくなります。」
  これらは、児童にとって難しい学習である「割合」の単元での児童の発言です。立式する場面で、児童は「定員の70%」や「定員の1.6倍」といった「基準量の何倍」に着目し、関係図に表しました。そして、関係図から立式へとつなげることが少しずつできるようになりました。しかし、自力解決や比較検討の場面での支援が必要な児童はいます。そこで、ヒントコーナーを設置したり、ペアでの学習の場を設定したりして、全員が自分なりの考えをノートへ記述できたかを確認してから全体での比較検討を行うようにしました。 じっくりと考える時間を保証したり、つまずいている児童の様子を見て支援をしたりすることは算数の学習に限らず大切だと考えます。今後も児童が安心して学習に臨むことができる環境を整え、既習事項の積み上げを丁寧に行いたいと考えます。 

私たちの学校改革 ~一分会一テーマのとりくみ~

134:”認め合い、励まし合い、高め合う”学校、職場づくりを目指して

  幸町第三小学校は、八百人近い児童が在籍する大規模校であり、児童の多くはマンションや団地から通学しています。地域との交流が盛んな地区で、登下校時の見守りや学習支援者として、多くの方が関わってくださります。
  本校の課題は、多忙感の解消と若年教職員の力量アップです。多忙感や自らの指導力への不安は、仕事へのモチベーションを下げる原因になります。
  そこで今年度は、〝認め合い、励まし合い、高め合う〟をテーマに職員同士のコミュニケーションを増やすことで相互理解を深め、職員同士が支え合える職場づくりにとりくんでいます。
  まずマラソン大会やサッカー大会など職場外の活動に、積極的に参加しています。職場外での活動を共に行うことで開放的な気持ちになり、不安や悩みも自然と相談できる雰囲気が 生まれます。仕事量が減るわけではないですが、支え合いの土台ができました。
  心も体もリフレッシュでき多忙感の解消につながっています。
  また、職場の先輩から学ぶ、若年者研修を充実させるようにしています。自信をもって児童の前に立てるように、実技研修会、授業実践などを通して、日々力量アップに励んでいます。授業実践後の協議会では、積極的に意見が交わされるようになり、以前に比べ相互理解が深まっているように感じます。心の通い合いがある学校では、児童も教職員も笑顔になれます。〝仕事を楽しめる〟職場づくりをめざし、〝認め合い、励まし合い、高め合う〟姿を具現化できるよう活動していきます。

133:みんなで仲良く活動できる快適な職場環境をめざして

  八日市場小学校は、保護者や地域の支援がとても温かく、三五四人の子どもたちの元気で明るいあいさつが響き渡っています。
  職員数は二十八人で、若手からベテランまで年齢層のバランス良く、お互いに良い刺激を受けながら『チーム八小』として、一丸となって教育活動にあたっています。
  しかし、子どもたちのためにできることを考えると、仕事には限りが無く、多忙な日々が続いてしまいます。そこで今年度は「快適な職場環境づくり」を分会テーマとして掲げました。職員間で様々な話をしたり、環境づくりにとりくんだりすることで、風通しが良く、ストレスを感じずに快適に仕事ができるようになると考えました。具体的なとりくみを3つ紹介します。
  ①みんなでティータイム
  本分会では、落ち着いて仕事にとりくむことができるよう、様々な飲み物を常備しています。放課後には自然と職員が集まり、日々の学校生活の中での悩みや他愛のない会話を担当学年に関係なくしており、自然と笑顔にあふれています。
  ②定期的な懇親会
  運動会の反省会や校内研の慰労会、職員旅行などを開催し、ゆっくりと歓談することで全職員の交流が深まります。
  ③PCの情報の整理整頓
  たくさんの情報が混在するPCの中。当たり前の事ですが、情報が整理し、すぐに必要な情報を取り出すことができるようにしたことで、仕事の効 率が良くなりました。
  これらのとりくみを行うことで、職員が多忙感を感じずに仕事に向かうことのできる環境が整ってきました。今後も快適な環境づくりをすすめていき、子どもたちや職員がより元気で明るく過ごすことができるようがんばります。

132:子どもたちに自信を持って向き合うために~枠を超えた研修とコミュニケーション~

  本校は、人間形成に果たす体育の本質を生かし、体育を中核とした教育活動を展開しています。
  季節を問わず、子どもたちは、朝早くから運動場で元気いっぱいに活動しています。また、そこには、子どもたちに負けまいと日々率先してともに活動する職員の姿があります。
  しかし、日々の生徒指導・学習指導に不安を抱えている若年層職員がいることも確かです。そこで、今年度は、「指導力アップ」を分会のテーマとして掲げました。うれしいことに、本校の若年層職員は、学ぶ意欲が強いので、それを生かした研修を行うことにしました。具体的なとりくみを紹介します。
①苦手克服研修会
  今までは、分会内で家庭科の実技指導・理科の実験準備・教室環境の作り方・視聴覚機器の操作・植物や生き物の育て方等の研修を行ってきましたが 、 今年度は、近くの分会にも呼びかけ、若年層を中心とした、苦手克服研修を行っています。今年度は、体育実技指導・図工の絵画指導・書き初め指導を実施 しました。
②スポーツ交流会
  苦手克服研修をきっかけとして、フットサルやユニホッケーなど他分会とのスポーツ交流にもとりくんでいます。運動後の、懇親会も他分会との交流を深め る良い機会となっています。
  こうした、他分会との研修会やスポーツ交流会が、子どもたちと自信を持って向き合える力となっています。「自分は、一人ではないんだ」、「他の分会にも仲間がたくさんいるんだ。」と実感できる、そんな活動になるよう、これからもがんばっていきます。

131:山の幸を堪能しよう

  a南条小学校は周りを水田に囲まれた高台にあります。春には鶯の鳴き声が響き、夏には心地よい風が吹き込む自然豊かな環境の中で教職員十四名、分会員十一名、子どもたちの笑顔のために頑張っています。
  それは三年前の春「一分会一テーマ…何にしようか」と悩んでいた時、突然始まったのです。「プラムがなっているぞ」という教頭の声。青年部層が中心となり、梯子・ブルーシート・高枝切りばさみを持ち出し、プラム狩り。全員が集まり試食会。残ったプラムは、用務員さんがジャムにしてくれます。
  秋、台風の後には銀杏の絨毯。「銀杏倶楽部」を立ち上げ、バケツに集め一週間ほど置き、作業開始。ゴム手袋をはめ、一粒一粒果実を取り、水洗い。一週間ほど干すと完成。職員や来校者も持ち帰ります。
  他にも敷地には山の幸があります。胡桃・柿・紫蘇・あけび・ミント・クレソン等々。ミントを使って、用務員さんがハーブティーを作ってくれます。ビオトープに生息するクレソンは、放課後に職員同士が誘い合って収穫し、料理方法等の情報交換をします。保護者も収穫に来ます。
  山の恵みを通して、風通しのよい職場づくりを進めることで教職員が一体となり、楽しい日々を過ごしています。そして、我々教職員がありのままの姿で素直な児童に接していくために、この活動は続くのです。 

130:小学校と中学校の架け橋に

新宿中学校は四方をビルとマンションに囲まれている中学校です。千葉駅までは徒歩十分。そういった千葉市の中心部にありながら、素直で優しい生徒が非常に多く、伝統があり地元に根付いた中学校です。
  そんな新宿中学校の敷地内に、今年度から新宿小学校の分教室が開校しました。児童数の増加に伴い、六年生のみ、中学校の校舎に毎日登校し学校生活を送っています。全国でも初の試みだそうです。
  実際に中学生と小学生が一緒に学校生活を送るということは、想像以上に難しいものでした。多くの課題がある中ですが、まずは、小中の教職員が気軽にコミュニケーションをとれる環境づくりが大切と考え、若手教職員同士で交流会としてフットサル大会を企画しました。前半は新宿小対新宿中という学校対抗で試合を行いましたが、後半は小中の教職員が混ざり、二つのチームに分かれて試合を行って親睦を深めました。学校の行事予定の違いから、日程を合わせることが難しいのが実情ですが、今後もこのような企画を通して、小中の教職員の連携を深めていきたいと考えています。
  新宿中学校は「日本一心温かな学校」を目指しています。小中の教職員の交流が深まることは、児童と生徒の交流が深まることにつながると感じています。自分たちがコミュニケーションをとり合うことで、中学生と小学生の交流が自然に生まれ、互いに頑張り合える、そんな心温まる学校をめざしたいと思います。
会員専用ログイン
千葉県教職員組合
〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館新館8階
TEL.043-224-0484
FAX.043-225-2970
0
3
9
7
2
4
TOPへ戻る