本文へ移動

千葉県教職員組合とは?

委員長挨拶

新千教組 Next10 中央執行委員長 古川 寛之

  2018年度のはじめにあたり、千教組中央執行部を代表して、組合員の皆様に連帯の挨拶を申し上げます。
学校現場は、今までにない厳しい逆風にさらされています。長時間労働・時間外勤務が常態化し、限界を超えた状態です。月平均80間を超える超過勤務をしている千教組組合員(2017千教組勤務実態調査より)は、小学校では81.4% 中学校では22.2%でした。これ以上、この状況を見過ごすことできません。「教職員の働き方」が注目をあびる今だからこそ、教育現場の課題にとどめるのではなく、社会全体の課題として強力に推しすすめていく必要があります。
「新学習指導要領」における「小学校英語の教科化」・「道徳の教科化」・「プログラミング教育」などの導入は、教育課程編成上、時数や専門スタッフの配置など大きな課題があります。これ以上、どこに・何を・どのように位置づけていけばよいのか、現場の不安は増すばかりです。
「人事評価制度」については、提案では、次年度から評価が賃金に反映されます。千教組は反対の姿勢に変わりありません。昨年度末の開示のとりくみ、評価結果による面接でのアドバイスが、果たしてモチベーションの向上につながったでしょうか。この制度の目的には、「人材育成」という観点が示されています。しかし、人材育成の基盤である分会を分断するような制度の中で、果たして人材育成がすすむのでしょうか。
このような現状を打破すべく、次の3点を2018年度重点課題として、とりくみをすすめていきます。

(1)みんなが集まる分会を

 課題は山積の今だからこそ、分会力の向上が求められています。目の前の子どもたちに・職場のなかまに、何ができるか・何が必要かという視点を分会内で共有し、みんなで知恵を出し合える、そのような職場の風土が必要です。余裕のない学校現場、分会会議もままならない実態もあると思いますが、「集まること」・「情報を共有すること」そして何より、「話すこと」が重要です。そこから何かが生まれるはずです。

(2)組織拡大・強化を

 今年度も県内各地に千人を超える新規採用者のみなさんが着任しています。特に、その半数が県北西部の採用です。北西部を中心に、本部・各支部、総力をあげて千教組への早期加入のとりくみを強めます。
そして、学校現場において急速な若年齢化がすすんでいます。これまでのとりくみを継承していくことも重要です。今ある権利は、先輩方から引き継いできているものです。
「権利のバトン」を託す若い世代の組合員を分会で、支部で、県全体で大切にしていきましょう。そして、「一人の百歩より、百人の一歩」を大切に力をあわせていきましょう。

(3)よりよい職場環境と生活改善をめざして

 昨年度は、4年連続の給料表・一時金引上げとなったものの、5年前に引き続き退職手当が削減されるなど、厳しい実態は続いています。さらに、「人事評価制度」による「評価結果」の賃金反映や特別昇給の一部廃止など、逆風が吹き続けています。この流れをどう変えていくか、制度をどのように変えていくかが今年度の大きな課題です。
 豊かな学びのためには、教職員の生活の安定は必要です。そのためにも、交渉を強化し、生活改善につながる実を求めていきます。

(4)原点回帰

 千教組は、昨年、結成70周年を迎えました。千教組は、教育条件改善、教育の民主化、教職員の待遇改善をめざし、県内各地で立ち上がった教職員組合が千教組の旗の下に結集し、スタートしました。
 子どもたちや教職員をとりまく状況は、この70年間で大きく変化しています。しかし、70年前も今も、めざすべきところは変わりありません。子どもたちのため・教職員のために何をすべきか、何ができるかです。
 「次の一手が、次の一歩につながる」という言葉があります。次の10年にむけ、どういった手を講じ、どう歩み出すかを考えていかなければなりません。
 私たちの運動の基盤は分会です。分会で課題と感じたこと、それが、運動の柱となっていきます。「原点回帰」という気持ちで、千教組が立ち上がった意義を確認し、私たちの足下からみなさんとともに運動をつくりあげていきたいと思います。
活動内容

教育 ~子どもたちの豊かな学びのために~

賃金・諸手当の改善
千葉県教育研究集会 全体会
 
千葉県教育研究集会 全体会
 
千葉県教育研究集会 分科会
 
教育フォーラムちば
教育予算拡充を求める署名提出

労働 ~私たちの安心のために~

賃金・諸手当の改善
県人事委員会 要求書提出
地公労交渉
中央メーデー
男女共同参画にむけて

組織 ~私たちのなかまの輪~

定期大会 開会行事
定期大会 開会行事
 
定期大会 質問・討論
定期大会 質問・討論
定期大会 執行部提案
定期大会 執行部提案
中央委員会 提案
 
中央委員会 代議員からの質問
 
力をあわせてがんばろう
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 043-224-0484
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
会員専用ログイン
千葉県教職員組合
〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館新館8階
TEL.043-224-0484
FAX.043-225-2970
0
1
1
1
5
5
TOPへ戻る