本文へ移動

学校教育改革運動

Education

わかる授業 楽しい学校

327:付けたい力を明確にした国語の授業づくりを

  国語の授業づくりでは「何をどう教えるのかよく分からない。」という声を聞きます。「わかる」「楽しい」授業のためには、「何をどう教えるか」が大切です。
  国語も他教科と同様にねらいがあります。単元で付けたい力を明確にし、その力を付けるのに適した言語活動を設定することで、児童は活動を通して力を付けていきます。
  物語の単元で、中心人物の心情の変化と優れた表現をつかむことをねらいとし、それらを項目としたリーフレットを作る言語活動を設定しました。まず担任が既習の物語文で作成した見本のリーフレットを提示します。児童は見本を分析して書き方をつかむと、教材を繰り返し読み、心情の変化や情景描写を探して読むことができました。最初は不安だった児童も、「書き方が分かったら簡単だ。」「楽しい。」と、熱心に取り組みました。
  付けたい力により本の帯や解説書、音読劇など様々な言語活動が考えられます。活動に合わせた見本を作ることは教材研究になります。児童は見本から単元のゴールをイメージし、相手と目的をはっきりさせて学習を進められます。
  いずれも付けたい力を明確にし、相応しい言語活動を設定して授業をつくることが大切だと考えます。

326:楽しく遊びながら、ことばの習熟をはかる授業の工夫~かるた作りを通して~

  私が常に心がけていることは、児童にとって楽しく、わかりやすい授業づくりをすることです。そのために、大切にしていることは、次の三点です。
  ①児童の実態をきちんと把握すること。
  ②どのような力を付けさせたいのかを明確にすること。
  ③どのような学習活動が効果的なのかを考えること。 これらをもとにして、授業を組み立てていきます。
  今年度は、小学校一年生を対象に、平仮名かるた作りを行いました。必ず一人一枚は読み札と絵札を作りました。クラス全員で完成したかるたの枚数は、八十枚でした。かるた作りを通してだけでなく、出来上がったかるたを活用し、全員で楽しく遊びながら平仮名の習熟を図っています。最近では、休み時間に児童だけで、かるた遊びをしている姿も見られます。平仮名を読んだり、書いたりすることが苦手だった児童が、遊びを通し、繰り返し行うなかで、自然と平仮名の習熟を身に付けることが出来るようになってきました。 今後もさらに、より良い学習材の開発や単元づくりに努めていきたいと思います。

325:美術でのわかる授業をめざして

  美術科では表現および鑑賞活動を通して、正解のない「自分の考え・思い・感じたこと」などといった、自分の中にある答えを求めていくという特性があります。 どの生徒にも自信をもって取り組めるように、生徒一人一人の思いや考えを尊重し、自己実現できるようにと以下の5つの手立てや工夫を実践してきました。 一つ目は、生徒一人一人の思いや考えに合わせた支援や声かけを行うことを心がけています。 二つ目は、美術では「正解」はなく、自分の中に答えが存在するということを繰り返し伝えています。 三つ目は友人との関わりを多く持つようにし、新しい視点や考え方、価値観に気づかせるとともに、お互いに成長するようにしています。 四つ目は、授業の組み立てやワークシートの工夫により、小さいステップを踏ませながら考えるプロセスを教え、自分で思考する力を育てるようにしています。 五つ目は、考えるきっかけとして「オノマトペ」を活用させています。 そして、一番に大事にしていることは生徒一人一人の考えや思いを大事にし、認めることだと考えています。すべての生徒が「感じる力」「表現する力」を培うことを目指して。 

324:よりよい進路指導をめざして

  新規採用職員の増加に伴い、職場環境はますます若返り、活発な空気があります。一方で、指導の力量不足やノウハウの引き継ぎなど、組織全体として指導力の維持が課題となっています。今年度本分会では若手とベテラン教員との積極的な交流をとおして、とりくみの共通理解を図り、一丸となって指導にあたる体制づくりを目指しています。 進路指導が初めてという三学年担任は、毎年三~四割を占めます(二〇一三年度以降)。そこで、年間計画をもとに進路指導の流れや、生徒や保護者との関わり方など共通理解を図りました。また、進路保護者会資料の読み合わせや、夏の三者面談の進め方について、話し合う内容を共通理解しました。言う・言わないといった職員間の差をなくし、担任個々の見解でバラバラに進む話し合いではなく、同一歩調で指導する体制づくりが課題です。今後は、とりまとめや点検作業時に若手とベテランを組み合わせ、着眼点や注意点などを引き継ぐ工夫をしていきます。 今後は五~十年目となる層が学校現場の中堅所を担うことになるでしょう。個々の指導力向上のみならず、分会が一枚岩となって立ち向かう時代に向けて、より一層の体制づくりを心がけたいです。 

323:自分の考えを持てるようにするために

  「線分図で考えると大きさがわかりやすいです。」「関係図に表すと式が立てやすくなります。」
  これらは、児童にとって難しい学習である「割合」の単元での児童の発言です。立式する場面で、児童は「定員の70%」や「定員の1.6倍」といった「基準量の何倍」に着目し、関係図に表しました。そして、関係図から立式へとつなげることが少しずつできるようになりました。しかし、自力解決や比較検討の場面での支援が必要な児童はいます。そこで、ヒントコーナーを設置したり、ペアでの学習の場を設定したりして、全員が自分なりの考えをノートへ記述できたかを確認してから全体での比較検討を行うようにしました。 じっくりと考える時間を保証したり、つまずいている児童の様子を見て支援をしたりすることは算数の学習に限らず大切だと考えます。今後も児童が安心して学習に臨むことができる環境を整え、既習事項の積み上げを丁寧に行いたいと考えます。 

私たちの学校改革 ~一分会一テーマのとりくみ~

144:語り合える職場・悩み半分喜び2倍!~相談しあえる仲間づくり~

  本校は,山と田園に囲まれた自然豊かな小学校です。 自然の恵みを受けながら,児童119人と教職員18人が充実した学校生活を送っています。 中根小の今年度のテーマは「語り合える職場・悩み半分喜び2倍」です。様々な悩みや課題はありますが,職員が語り合い,手をつなぎ合うことで,悩みは半減し,楽しく全力で教育活動にとりくめると感じています。
  ①職員Tシャツ&つなぎ
  職員の連帯感を強めるためにTシャツやつなぎを作成しました。Tシャツは,運動会や部活動の試合で大活躍でした。おそろいのつなぎを着ることで,職員作業も一気の効率アップです。デザインを募集するところから始まりましたので,職員間の語り合いも深まりました。年度当初に実践したことで,お互いのことを知るよい機会となりました。
  ②日めくりカレンダー
  中根小職員の日めくりカレンダーを作成しました。職員一人一人のメッセージが詰まっています。もともとは,入院する組合員の仲間のために作成したものだったのですが,今では,職員室に置かれ,毎日やすらぎと元気を与えてくれています。
  今年度,「職員の和」を一番大切にして過ごしてきました。苦しいこともみんなで声をかけて乗り越えてきました。喜びは2倍どころか何倍にもふくらみました。
  職員の元気は,何より子どもたちの元気につながります。これからも何でも話し合いながら,楽しい職場,元気な学校をつくっていきたいと思います。

143:楽しく運動にとりくむ児童の育成のために

  楽しく運動を行うことは「健康的な効果」だけではなく「学習面や情緒面への効果」もあるとされ、教育活動において大切な要素だと思います。私たちの分会では、「楽しく運動にとりくむ児童の育成」をテーマに、「遊・友スポーツランキングへの参加」や「体育指導の工夫」などの実践にとりくんでいます。
  まず、「遊・友スポーツランキング」への参加では、記録更新の達成感を味わわせることはもちろんですが、それよりも、とりくみをきちんと申請し、運動を継続していくことを大切にしています。これは、持続的な目標を与えられるだけでなく、運動したこと自体が評価してもらえるので、運動を苦手としている児童にも、意欲を持続させながら運動をさせていくことができると考えています。
  次に、体育指導の工夫です。ここで挙げたいのは「スモールステップ指導」という考え方です。これは運動のレベルを単に下げるのではなく、児童の「できる運動」を繰り返し行いながら、少しずつ目標とする運動の感覚を身につけさせていくということです。こうすることで運動への成功体験を増やし、できる「喜び」と「自信」につなげることができると考えています。
  以上のような実践を積み重ねていくことで、多くの児童が好んで運動を行うようになってきました。今後も児童が、生涯を通して「楽しく運動」をしていけるような実践を重ねていきたいと思います。  

142:メリハリのある職場づくり~統合1年目のとりくみ~

  二〇一四年四月、健田小・朝夷小・忽戸小・七浦小の四つの小学校が統合し、「千倉小学校」が開校しました。統合一年目。学校行事、スクールバス、物品整理など様々な課題を解決していくために心身ともにハードな日々が続きました。そんな中でも互いを思いやり、笑顔を忘れず過ごしてきた一年間のとりくみを紹介します。
一.明るく笑顔のあふれる職場づくり
  職員会議等では意見が対立することもありましたが、「新しい学校の伝統をつくる」という自覚とやりがいを持ち 、とりくんできました。そして、学期に一度の懇親会や職員旅行、「大人の遠足」(日帰り旅行)ではみんなで達成感や成就感を共有しました。多忙な 中でもメリハリをつけてリフレッシュし、自然と助け合う関係ができていきました。職員室にはいつも笑い声が響いていました。
二.気軽に相談できる職場づくり
  校内授業研究会では、経験豊富なベテラン教職員から若手に多くのアドバイスがありました。公私ともに困ったこと があると親身になって相談にのってくれる先輩教職員。アットホームな雰囲気で多忙な毎日を楽しく過ごせました。
三.絆を深める地域行事への参加
  「千倉笑倶楽部」として、「職場対抗バレーボール大会」や「千倉ロードレース」、「南房駅伝大会」に選手やボラン ティアとして参加しました。一致団結して絆を深めました。
  今年度は統合二年目。より「チームワーク」を意識し、「千倉笑」精神を忘れず、明るい職場づくりを進めていきたいと思っています。

141:子どもたちと笑顔で接するために~野球観戦でコミュニケーションの活性化~

  志津中学校は、各学年が7学級ずつ計21学級、特別支援学級が3学級の印旛地区最大規模の中学校です。生徒会活動では、7つある委員会がそれぞれ活発に活動しています。また、生徒は部活動にも積極的に参加し、志津中全体がエネルギーに満ち溢れています。
  教職員は48名で、学校全体にも活気があります。年齢層も幅広く、若い世代の職員も増えてきました。体育祭では、学年職員対抗のリレーがあり、生徒から熱い応援を受けて颯爽とグラウンドを走ります。合唱祭でも、PTA合唱として毎年1曲合唱曲を仕上げ、全校生徒の前で歌い上げます。
  また、職員間では休日の時間を合わせては、千葉ロッテマリーンズの応援に出かけています。写真は、6月に実施した「みんなで野球でも見に行きませんか?マリーンズ戦観戦ツアー」の様子です。週末の夕方の実施にも関わらず、約半数の職員が参加し、野球観戦をしながら盛り上がりました。 忙しい毎日ですが、同じ空間で同じものを感じ、喜びを共有出来るものを考えています。職員の笑顔が、目の前にいる生徒に与える影響は非常に大きいです。私たちが笑顔で接していると、生徒の笑顔も広がります。志津中職員一致団結で、志津中をさらに盛り上げていきたいと思います。 

140:心身ともに健全で笑顔あふれる職場をめざして

茂原市立東郷小学校は、児童数五00人ほど、教職員三0人ほどの学校です。長生支部では大規模な学校です。
今年度の本校の分会テーマは「心身ともに健全で笑顔あふれる職場」に決まりました。活動内容は、四月の歓迎会に始まり、お茶会&お食事会、部活動の慰労会、レク大会など・・・。楽しいことをたくさん予定しています。
今回は、活動の一つを紹介します。
本校の給食は自校で作っています。おかげで煮物や汁物は温かく、揚げ物はカラッと揚がっています。児童が喜ぶ新メニューを考えてくれたり、季節にあった料理や有名なメーカーのアイスクリームを出してくれたりと児童は幸せだなと感じる毎日です。
しかし、五〇〇人以上の給食を作る調理員さんはかなり大変なはずです。そこで、児童がいない夏休みの機会を使い、職員で給食作りにチャレンジしました。
メニューはカツカレーとコロッケ、サラダです。
皆で協力し、大きな鍋と器具を使い調理しました。夏の暑い時期で、冷房の無い空間です。汗だくになりながらも無事に料理を完成させ、調理員さんの苦労をほんの少しだけ味わいました。
完成した後は、職員室で全員揃って楽しいカレーパーティー。誰もが競ってお代わりをするほどおいしいカレーとなりました。
夏休みが終わり、元気に登校してきた児童に、職員の夏休みの体験と食べることの大切さを分会青年部員が話をしました。児童への食育としても良い機会となった今回の給食作り。
食べることは生きること、人とつながることであると再確認できました。 
会員専用ログイン
千葉県教職員組合
〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館新館8階
TEL.043-224-0484
FAX.043-225-2970
0
3
9
7
2
3
TOPへ戻る