本文へ移動

学校教育改革運動

Education

わかる授業 楽しい学校

342:多面的・多角的に考えを引き出す道徳の授業の工夫

  本校では、道徳の研究を行っており、児童の道徳的実践力の育成をめざしています。そこで、私が実践した授業の工夫について紹介します。
  ①資料は事前に読んでおき、さらに内容を思い出せるように、登場人物や言動等を相関図として作成し掲示する。
  ②主人公の言動に賛成か反対かを「心のものさし」に示すことで、自分の意見を伝え、友達の意見も把握できるようにする。
  ③2~3名のグループ毎に役割演技を行い、その後全体でも行う。
  以上の3点を意識してとりくんだことで、普段は消極的な児童が積極的に発表をしたり、児童同士で活発な意見交換をしたりする姿が多く見られました。さらに、授業後にも登場人物の言動について話し合ったり、担任に自分の意見を直接伝えに来たりする児童もいて、道徳の授業の楽しさを強く感じることができました。
  これからも引き続き、道徳の授業実践の研究をすすめていきたいと思います。

341:言語活動を意識した、全校体制による教育実践

  本校は、昨年度より話を「聞き逃す」や「勘違いする」ことに起因するトラブルが続きました。松戸市では独自教科「言語活用科」を設け、市内全校でコミュニケーション能力の向上をはかっています。これを活かし、今年度より教科学習や日常生活のなかで「書く」ことや「話し合う」場面を積極的に取り入れ、自分を見つめ、表現する力を伸ばすことに重点をおいています。
  言語活動がもたらす教育的効果を、教職員が意識することが肝心です。具体的には、音楽科の授業で「合唱」や「日本の伝統音楽」に関する発問を工夫し、指示を短くするなどテンポよく展開したことで、生徒の集中力を高め、前向きな言葉を多く引き出すことができました。また、授業後の振り返りの時間を確保したことで、当初は短文だった感想も、次第に枠内を全部書き尽くす生徒が増えてました。
  学校生活の、すべての授業、すべての場面において、全職員が共通理解をもってとりくんでいます。私たちが一枚岩となって立ちむかっていくことが、生徒の健全な成長に直結するものだと信じています。

340:小学校古典入門における古典学習の実践~読書活動を通して古典に親しむ~

  「浦島太郎も御伽草子ではずいぶん違うね!」
  教室では児童達が楽しそうに意見を交換しています。5年生国語科の「古典を楽しもう」の一場面です。
  小学校における入門期の古典学習では、親しむことが大きな目的の1つとなっています。しかし、よく行われている音読中心の古典学習では本当の意味で親しんだことにはなりません。本当に古典に親しむには、読書活動はかかせません。
  そこで、今に伝わっている話と、基となった話を読み比べて違いを見つける学習を行いました。
  まず、「かぐや姫」と角川ソフィア文庫のビギナーズクラシックス「竹取物語」を読み比べて、違いを見つけました。児童はかぐや姫や竹取の翁の性格や、物語の結末など、様々な違いに気付き、他の話でも違いがあるのか興味を持ち出しました。そこで、「御伽草子」「古事記」なども同じ様に読み比べ、「本当は〇〇だった浦島太郎」などとして解説本にまとめました。
  単元後も、教室に置いておいた「伊勢物語」「雨月物語」「平家物語」「今昔物語集」「太平記」「南総里見八犬伝」などを熱心に読み、友達と交流するなど、日常的に古典に親しむ姿が見られました。

339:明るい未来が感じられる健康教育をめざし

て~グループワークを取り入れた保健学習~
 
  中学1年生の保健学習(保健体育の保健分野)で、心の健康について学ぶ単元があります。思春期の中学生は、ネガティブ思考になりがちで自己肯定感も低くなる生徒が多く見られます。
  そこで、「自分らしさについて、自分のよいところから探してみよう」を本時の課題として授業を行いました。グループワークを取り入れ、友だちのよいところを探し発表していきます。自分とは違った捉え方で見られていることに気付いたり、自分にもよいところがあると肯定的に捉えたりすることができました。また、グループ内で役割分担し、発表者と当事者以外の生徒は賛同係として、よいところの発表を聞いた後に「わかる」「私もそう思う」と合いの手を入れるようにしました。賛同してもらえることで、自分のよいところが強調され、照れくさくて嬉しそうな生徒の表情をたくさん見ることができました。
  健康教育は、生徒にとって、明るい未来が感じられるものにしたいと考えています。保健学習でも、明るい雰囲気で、授業後に「また保健の授業で学びたい」と思えるような授業をめざしてとりくんでいきます。

338:確かな学力を持ち、よりよく生きようとする、

健康で心豊かな生徒の育成~学び合い学習を通して~
 
  本校では、「わかる授業の実践」として、授業の中で話し合う場面や教え合う場面を多く取り入れ、学び合い学習を行っています。他の生徒の考えを知ることで自分の考えをさら深め、他の生徒に教えることで学習内容をより確かなものにしようととりくんでいます。
  公民的分野の政治に関する授業の導入で、「だれを市長に選ぶべき?」という学習課題に学び合い学習を取り入れました。空き地になった土地をどのように生かすか、A~Dの立候補者がそれぞれの土地利用案の提案資料を読み、どの候補者に投票するかをワークシートに記入し、考えの同じグループで集まり、その案の利点や問題点について協議し、意見を模造紙にまとめ発表を行いました。
  今までは、利点を考えるだけでしたが、今回はその選んだ案の問題点を出し、それを解決するために、どのような対策を講じたらよいかをグループで話し合いました。自分が考えた以外の意見に耳を傾け、深めていくことこそ学び合い学習といえるのではないかと考えます。

私たちの学校改革 ~一分会一テーマのとりくみ~

129:子どもたちの笑顔のために~職員の絆を深めるとりくみ~

本校は、保護者や地域の方の支援が温かく、二一九人の子どもたちも明るく元気いっぱいです。
職員数は二十二人で、各年齢層がバランス良く配置され、お互いに良い刺激を受けながら一丸となって教育活動にあたっています。
しかし、『子どもたちのために』と考えると、仕事には限りがなく、多忙感に駆られることも現実です。そこで、今年度は「職員間のコミュニケーションづくり」を分会テーマとして掲げました。職員の仲を深めることでストレスのないホッとできる職場環境を実現し、多忙感を少しでも和らげようと考えました。具体的なとりくみを紹介します。
①みんなでスポーツレク
バドミントンやソフトバレーボールなどのスポーツレクを行い、心と体のリフレッシュを図っています。「年齢にかかわらず一緒に汗を流すことができて楽しい 」という感想も聞くことができました。
②定期的な懇親会
運動会の反省会や学期終わりの慰労会、忘年会などを開催し、ゆっくりと歓談することで、全職員の交流が深まります。
③おそろいのポロシャツ
ピンク色のオリジナルポロシャツを作り、運動会やミニバス大会など各行事で職員そろって着用し、「心を一つに」を合言葉に一体感を高めます。
放課後の職員室は談笑が絶えず、常に温かい雰囲気であふれています。これらのとりくみを通して、全職員どうしが安心できる関係を作れているからだと思います。今度も『チーム椿海』子どもたちの笑顔のために頑張ります!

128:生徒が主役になれる学校づくり

  生徒がより生き生きとした学校生活を送るよう、「生徒が主役になれる学校づくり」をテーマに「一分会一テーマ」にとりくんでいます。
  仲間の意見に耳を傾け、正しい判断・行動ができる生徒を育てることが、テーマにつながっていくと分会で考えました。そのための方策として、自分自身の思いや意見を相手に伝える場を多く設定し、より多くの活躍の場を経験させていくことを大切にしました。生徒会活動や集会、各行事で、生徒が自分の意見や考えを伝え、自主的に活動する場を設けました。
  一点目は、自分たちの抱えている問題を提起し、正しい行動を考えるための活動として、委員会主催の自転車安全集会を開きました。自転車通学生の登下校の問題について、自転車の危険な乗り方や大きな代償を負うこともある例など、実演を交えながら、委員長が中心となって全校生徒に訴えることができました。今は、自転車置き場へのポスター掲示など、正しいことを考えることができる集団づくりが進められています。
  二点目は、行事の工夫として、全校生徒が関わる活動に重点を置きました。例えば、新入生オリエンテーションでは、全校参加型のレクリエーションを開催 し、学年の枠を取り払った活動を行いました。さらに、体育祭のみであった縦系列活動を合唱にも拡げました。
  これらの活動から、生徒一人ひとりが考える場面が増え、学校への所属感・一体感の向上とともに、思いやりや助け合いの気持ちを高めることができました。
  今後も、全校が一丸となってとりくもうと考えています。 

127:多忙に負けない健康で明るい職場

  私たちが元気に子どもたちに接することができなければ、子どもを元気に笑顔にすることはできません。皆で協力し、仕事を分け合うことで少しでも多忙化を解消し、子どもたちとともに、元気、笑顔があふれる職場にしていくことをめざしています。
  本分会では、テーマを達成するために、次の2つの柱を立て、とりくんできました。
  ① 「ノー残業デーを実行しよう」
    本校では、一週間のうち、木曜日を「ノー残業デー」と位置付けて、その日は特に「早く帰ろう」と声を掛け合っています。
   学年を単位として仕事を分担したり、一人に偏りがちな仕事を学年の職員全員で取り組んだりと皆で協力することで、一人に掛かる負担をなるべく軽くすることを心がけています。
② 「学年会の充実を図ろう」
   本校では、一週間のうち金曜日を「学年会」と位置付けて、子どもにかかわる問題や一週間で気になった出来事について情報交換したり、話し合ったりし ています。さらに月一回全体で話し合う機会を設け、学校全体で意見を出し合っています。その活動を継続することで、誰にでも気軽に悩みを相談できる雰 囲気となっています。「一人で悩みは抱えない」を合言葉に、学年会の充実を図ることで、悩みの無い職場を目指しています。
  このようなとりくみを継続することで、多忙にも負けない健康で明るい職場になることと思います。私たちが健康であったり、笑顔であったりするからこそ、それが子どもたちにも伝わり、元気に笑顔になるのだと思います。今後も是非、継続していきたいと思います。

126:コミュニケーションの活性化

◎はじめに
  本校では、職員が仲間同士で助け合い、安心して働ける職場環境をめざしています。職員の間に気軽に話せる雰囲気があれば、自然と人間関係が良好になると考え、テーマを設定しました。
◎安心できる職場環境に
  年に数回、お茶会を開いて思いを伝えあうようにしています。お茶会では、仕事のこと、自分のことなどについて話しています。
  また、新年度異動してきた職員にすぐ役員が回ってこないよう配慮しています。会議や動員についても、同じ人に集中しないよう話し合って決めています。 会議等の予定については、職員室の黒板に内容・場所・時刻を明記し、余裕をもって安全に到着できるようにしています。
◎つながりを深め、一体感を高める
  校内行事の後は、全職員でお茶会をしています。改めて話をする機会を設けることで、自分が職場の一員だという意識が高まります。
  五月には、若年層職員が中心となり、恒例となったスタッフシャツを作成しました。明るいデザインのシャツで、職員・保護者・児童からの評判も良好で、職員の一体感を高めるのに非常に効果的でした。若年層職員が協力して作成しているので、勤労意欲も大いに高まりました。本年度は、ポロシャツを作成したので運動会だけでなく、授業参観でも全職員で着用し、ますます吉岡小職員の一体感を高めました。これからも、子ども達の笑顔のため、コミュニケーションを取りあい、活気ある職場を作っていきます。

125:豊富な人材や能力の有効活用で助け合い

上瀑小学校のルーツは明治七年に創設された横山小学校と下大多喜小学校です。そこから数えて百四十一年、とても歴史のある学校です。
来年の四月から近隣の大多喜小学校、総元小学校と統合することになり、上瀑小学校としての最後の一年を素晴らしいものにするために職員だけでなく、保護者、地域が一体となってとりくんでいます。
閉校にむけての作業で、今までよりも多忙になると考え、「相談し、助け合える職場を作ろう」というテーマを決めました。主なとりくみを紹介します。
○声かけ
  「手伝うよ」「一緒にやろうよ」「一緒に帰ろう」
  つらくなったときの声かけで救われることが多々あります。パソコンの達人、書の達人、農業の達人、体力自慢、プロ顔負けのイラストレーターとスペシャ
  リストがたくさんいるので、助け合うことで効率化を図っています。
○健康・表情チェック
  教員は、朝の健康観察で子どもの表情や声から何かあったなと見極めるのプロです。その洞察力を仲間にむけて、ちょっとした変化を見逃さないように
しています。
○情報交換
  休み時間や放課後のほんの少しでも、職員室でお茶を飲みながら情報交換をしています。
二学期からも周りの職員への気配りを忘れずに、いい職場作りをめざしていきたいです。
会員専用ログイン
千葉県教職員組合
〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館新館8階
TEL.043-224-0484
FAX.043-225-2970
0
2
7
0
6
6
TOPへ戻る