本文へ移動

学校教育改革運動

Education

わかる授業 楽しい学校

327:付けたい力を明確にした国語の授業づくりを

  国語の授業づくりでは「何をどう教えるのかよく分からない。」という声を聞きます。「わかる」「楽しい」授業のためには、「何をどう教えるか」が大切です。
  国語も他教科と同様にねらいがあります。単元で付けたい力を明確にし、その力を付けるのに適した言語活動を設定することで、児童は活動を通して力を付けていきます。
  物語の単元で、中心人物の心情の変化と優れた表現をつかむことをねらいとし、それらを項目としたリーフレットを作る言語活動を設定しました。まず担任が既習の物語文で作成した見本のリーフレットを提示します。児童は見本を分析して書き方をつかむと、教材を繰り返し読み、心情の変化や情景描写を探して読むことができました。最初は不安だった児童も、「書き方が分かったら簡単だ。」「楽しい。」と、熱心に取り組みました。
  付けたい力により本の帯や解説書、音読劇など様々な言語活動が考えられます。活動に合わせた見本を作ることは教材研究になります。児童は見本から単元のゴールをイメージし、相手と目的をはっきりさせて学習を進められます。
  いずれも付けたい力を明確にし、相応しい言語活動を設定して授業をつくることが大切だと考えます。

326:楽しく遊びながら、ことばの習熟をはかる授業の工夫~かるた作りを通して~

  私が常に心がけていることは、児童にとって楽しく、わかりやすい授業づくりをすることです。そのために、大切にしていることは、次の三点です。
  ①児童の実態をきちんと把握すること。
  ②どのような力を付けさせたいのかを明確にすること。
  ③どのような学習活動が効果的なのかを考えること。 これらをもとにして、授業を組み立てていきます。
  今年度は、小学校一年生を対象に、平仮名かるた作りを行いました。必ず一人一枚は読み札と絵札を作りました。クラス全員で完成したかるたの枚数は、八十枚でした。かるた作りを通してだけでなく、出来上がったかるたを活用し、全員で楽しく遊びながら平仮名の習熟を図っています。最近では、休み時間に児童だけで、かるた遊びをしている姿も見られます。平仮名を読んだり、書いたりすることが苦手だった児童が、遊びを通し、繰り返し行うなかで、自然と平仮名の習熟を身に付けることが出来るようになってきました。 今後もさらに、より良い学習材の開発や単元づくりに努めていきたいと思います。

325:美術でのわかる授業をめざして

  美術科では表現および鑑賞活動を通して、正解のない「自分の考え・思い・感じたこと」などといった、自分の中にある答えを求めていくという特性があります。 どの生徒にも自信をもって取り組めるように、生徒一人一人の思いや考えを尊重し、自己実現できるようにと以下の5つの手立てや工夫を実践してきました。 一つ目は、生徒一人一人の思いや考えに合わせた支援や声かけを行うことを心がけています。 二つ目は、美術では「正解」はなく、自分の中に答えが存在するということを繰り返し伝えています。 三つ目は友人との関わりを多く持つようにし、新しい視点や考え方、価値観に気づかせるとともに、お互いに成長するようにしています。 四つ目は、授業の組み立てやワークシートの工夫により、小さいステップを踏ませながら考えるプロセスを教え、自分で思考する力を育てるようにしています。 五つ目は、考えるきっかけとして「オノマトペ」を活用させています。 そして、一番に大事にしていることは生徒一人一人の考えや思いを大事にし、認めることだと考えています。すべての生徒が「感じる力」「表現する力」を培うことを目指して。 

324:よりよい進路指導をめざして

  新規採用職員の増加に伴い、職場環境はますます若返り、活発な空気があります。一方で、指導の力量不足やノウハウの引き継ぎなど、組織全体として指導力の維持が課題となっています。今年度本分会では若手とベテラン教員との積極的な交流をとおして、とりくみの共通理解を図り、一丸となって指導にあたる体制づくりを目指しています。 進路指導が初めてという三学年担任は、毎年三~四割を占めます(二〇一三年度以降)。そこで、年間計画をもとに進路指導の流れや、生徒や保護者との関わり方など共通理解を図りました。また、進路保護者会資料の読み合わせや、夏の三者面談の進め方について、話し合う内容を共通理解しました。言う・言わないといった職員間の差をなくし、担任個々の見解でバラバラに進む話し合いではなく、同一歩調で指導する体制づくりが課題です。今後は、とりまとめや点検作業時に若手とベテランを組み合わせ、着眼点や注意点などを引き継ぐ工夫をしていきます。 今後は五~十年目となる層が学校現場の中堅所を担うことになるでしょう。個々の指導力向上のみならず、分会が一枚岩となって立ち向かう時代に向けて、より一層の体制づくりを心がけたいです。 

323:自分の考えを持てるようにするために

  「線分図で考えると大きさがわかりやすいです。」「関係図に表すと式が立てやすくなります。」
  これらは、児童にとって難しい学習である「割合」の単元での児童の発言です。立式する場面で、児童は「定員の70%」や「定員の1.6倍」といった「基準量の何倍」に着目し、関係図に表しました。そして、関係図から立式へとつなげることが少しずつできるようになりました。しかし、自力解決や比較検討の場面での支援が必要な児童はいます。そこで、ヒントコーナーを設置したり、ペアでの学習の場を設定したりして、全員が自分なりの考えをノートへ記述できたかを確認してから全体での比較検討を行うようにしました。 じっくりと考える時間を保証したり、つまずいている児童の様子を見て支援をしたりすることは算数の学習に限らず大切だと考えます。今後も児童が安心して学習に臨むことができる環境を整え、既習事項の積み上げを丁寧に行いたいと考えます。 

私たちの学校改革 ~一分会一テーマのとりくみ~

159:チームでとりくむ食教育~給食の残滓を減らすために~

○チームで行う食教育
  私たちの分会は、君津支部問題別教研の食教育分科会に参加して5年目を迎えました。自分自身の食生活を振り返り、食べ物のありがたさや食べることの大切さ、日本の食文化について学ばせ、食への意識を高めていきたいと考え、本研究を行っています。
  児童の意識を変容させるためには、継続した食教育を行い、教職員の共通理解のもと指導していかなければなりません。そこで、学校独自で作成した「食に関する指導計画」をもとに、全教職員で児童の指導にあたっています。
○全校での食教育の実践
  各学年の「食に関する指導計画」の目標に向けて、どのような手立てでとりくんでいけばよいかを明確にしました。系統性をもたせた実践を行ったことで、学年があがるにつれて様々な内容の指導を行うことができました。今年度の研究では、各学年で栄養教諭と連携して児童の実態に応じた食指導を行ったことで、食べ物への関心を高め、食べることの大切さを感じさせることができました。栄養教諭と連携して児童に働きかけることの有効性を実感することができました。
○これからは…
  食教育は学校だけでなく、家庭の協力が必要不可欠です。学校で指導した内容について、各家庭へどのように伝えていくか、保護者との連携をどのようにすすめていくかをもっと具体的に考えていく必要があります。今後は家庭や地域にも情報を発信し、連携を深め食教育にとりくんでいきたいと思います。

158:フレッシュな若手が多いからこそ輪を大切に

  市川市の南に位置する新井小学校は、32学級の大規模校です。教職員の構成は、20代から30代の若手職員が大半を占めており、とてもエネルギッシュです。協力して子どもたちの活動の準備をしたり、休み時間には子どもたちに負けないくらい元気いっぱいに遊んだりと熱心に教育活動にとりくんでいます。
  しかし、若手だからこその悩みを抱えているのも実情です。更衣室で話をすると、「実は学級で・・・。」、「授業の進度が・・・。」などと悩みを打ち明けてくれることもあります。授業のこと、学級のこと、保護者のことなど様々な悩みを抱えていても、日々の忙しさで相談するタイミングを逃しています。そこで校内のモラールアップ委員会を中心に「新井ベース」という場を作ることにしました。
  「新井ベース」とは、放課後に校内のミドルリーダーを中心に若手の教員が集まってざっくばらんに自分の悩んでいることを話す場です。先輩教員が色々なアドバイスをしたり、すぐ使える小ネタを紹介したりと1時間程度ですが、リフレッシュできる場になっています。時には仕事以外の話で盛り上がることもあります。でもそういう中で、一人ではなくみんなでがんばっていこうという輪がつながっています。若い教職員が多いからこそ職場で実際に輪をつなぐ場を作っていくことが必要だと思うのです。

157:明るい職場 楽しい職場

  本校は、地域の方々の協力が厚く、地域に支えられている学校です。全校児童370人の子どもたちは、明るく元気いっぱいに、学習に生活に運動にとりくんでいます。25人の教職員が一丸となって、めざす児童像である「かしこく やさしく たくましく」の実現にとりくんでいます。
  教職員は、若年層からベテランまでバランス良く、様々な面で助け合い、声を掛け合っています。放課後の職員室では、生徒指導や授業の指導法だけでなく、趣味や家族の話などプライベートの話題でも盛り上がっています。ベテランの教職員は、若年層の教職員の話をよく聞き、様々な助言をしています。また、体育主任を中心とした若年層の教職員は、早朝から校庭に白線を引くなど、様々な仕事を率先して行います。
  このようなあたたかい職場となったのは、「明るい職場 楽しい職場」という分会のテーマがあったからだと思います。夏季休業中には、千葉県職業開発協会主催による「ものづくりマイスター」制度を利用した若年層研修を行いました。熟練の技巧者の指導を受けながら、はがき大の銅板に、イラストや文字などをレリーフとして制作しました。若年層のみならず様々な年齢層の職員が制作をとおして、技術の習得だけでなく、より一層親睦を深めることができました。
  今後も教職員が笑顔でいられる職場をめざし、子どもたちのために笑顔あふれる中の島小学校の実現に努めていきたいと思います。

156:職場の和を大切に~明るく元気な職場をめざす~

  2015年度は、国語の公開研究会に向けての授業づくり、2016年度の統合に向けての準備に追われた1年間でした。そんな中だからこそ「職場の和を大切に」をテーマとし、行事ごとのお疲れさま会や職員旅行で親睦を深め、明るく元気な職場づくりをめざしてきました。
  そして、2016年。南房総市立丸小学校と統合し、「新生南小」がスタートしました。学校のテーマが「丸小・南小の融和」ならば、分会のテーマも、「職場の和を大切にパートⅡ ~明るく元気な職場をめざす~」とし、職員も子どもたちと同様、新しい南小を創っていくことをめざし、活動しています。
  「チーム新南小」として子どもたちのよりよい成長のためには、職員のつながりは欠かせません。そのため、行事や学期ごとのお疲れさま会だけではなく、夜の懇親会では家庭の都合で参加できない職員もいるため、勤務時間終了直後にお茶会を開くなど、職員が集まる機会を多く設けるよう心がけています。
  先日は、「大人の職員旅行」と称した職員研修に行ってきました。日帰りで鎌倉を訪れ、研鑽を積むとともに親睦を深めることができました。
  2016年度もあと3ヶ月となり、子どもたちとともに、職員同士のつながりも着々と深まってきているように感じています。統合初年度の終わりに向け、より結束を深め、「チーム新南小」として明るく元気な職場づくりをすすめていきます。

155:『ホームページ活用で「つながる みんなで」』

  神崎町は千葉県北東部、利根川沿いに位置し、人口約6300人の千葉県で一番小さい町です。町に3校ある学校の1つが神崎小学校です。校舎3階の多目的室からは、北に筑波山、西に富士山が見え、足元には見渡す限りの田園風景、町には歴史ある酒蔵が2つあり、発酵の里として賑わう環境で193人の子どもたちは元気に登校しています。
  神崎小学校の職員数は22人。みんな忙しい日々を送りながらも、職員室には笑い声が絶えない学校です。今年の神崎小学校の一分会一テーマは「ほっと・もっと職員室」です。「ほっと」できる職員室、「もっと」みんなが仲良くなれる職員室を目指してアイデアを出し合いながら子どもたちと向き合っています。そんな神崎小では、今年度、新たなとりくみをしました。それは香取支部のホームページの活用です。香取支部のホームページには、香取支部43校の「一分会一テーマ」の計画を掲載してあるのです。それぞれの学校で工夫したとりくみが紹介されているので、よいアイデアを参考にして、神崎小学校でもとりくんでいます。香取支部の合言葉は「つながる みんなで」です。まさに、各分会がホームページを介して「つながる」ことができるのです。年度末には、年間のとりくみ報告が掲載される予定です。さらによいアイデアを参考に、ますます神崎小学校の「ほっと・もっと職員室」をよりよいものにしていきたいです。 
会員専用ログイン
千葉県教職員組合
〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館新館8階
TEL.043-224-0484
FAX.043-225-2970
0
1
9
1
5
1
TOPへ戻る